柔術である相撲と柔道の文化

相撲と柔道は日本より古来からあるもので柔術として多くの人から親しまれている武道です。

柔道は1882年に格闘技の一種として精神と修養の要素を加えたものです。そしてその元となったものが相撲です。相撲は柔道よりも歴史は古く神話時代から持統天皇までを記述した日本書紀にも登場しています。

侍の時代は弓や刀を主流としておりましたが、戦場では体力、精神力も使うため柔術が使われるようになったのです。そして生まれたのが武術と柔術の組み合わせです。

世に大きく広がる前は武術が主流だった為に柔術は衰退傾向にあったのです。衰退傾向のさなかで柔術の創始者がこの衰退した文化を大きく変えていったのです。始めの道場はたった12畳の小さな道場です。

創始者は日本だけでなく世界にも広める為にヨーロッパへ渡ったのです。きっかけは船の中でからかってきた外国人を投げ飛ばしたことが始まりとなっています。今では柔術の国際化が進んでいるのです。

相撲

Copyright © 日本の国技 大相撲 柔道.