柔道や相撲に共通して残る武士道の文化

相撲と柔道には、日本古来の武士道の伝統を踏襲する要素があるため、礼儀作法を特に大切にしています。

武家が政権を担当する時代になってからは、相撲は武将の肉体鍛錬のために行われることが多くなり、大名も注目する競技になりました。特に奨励した武将が織田信長で、今日の土俵の設計についても、後世に影響を与えた人物であるとされています。

柔道は古来からの柔術から生まれていますが、日本的な精神文化と融合して、独自な武術として成立しています。そのために、他の追随を許さないほどの神々しさがあり、武士道の精神を体現するような力も備えています。

現代ではスポーツ競技として一般化していますが、今でも伝統的な武術の要素が色濃く残っているために、日本の伝統文化として国際的にも人気を集めています。

天下泰平の江戸時代であっても、相撲は精神や肉体を鍛錬するために行われ、武家にとっても重要な競技でした。武家政権の時代が終わっても、近代に発達した大相撲の歴史の中で、武士道の基本が守られてきました。

武士

Copyright © 日本の国技 大相撲 柔道.