伝統によって象徴される日本文化

相撲は古代の昔から行われてきたスポーツですが、神事としての役割も担ってきました。

土俵には神が宿るとされ、季節ごとの五穀豊穣を願うために、奉納の形で行われることもありました。現代であっても、かつての武将のように髷を結い、神聖な土俵で競技を行う伝統が残っているのも特徴的です。

相撲と同様の歴史がある柔道も、伝統と格式を有する競技として、日本文化を象徴しています。柔道としての歴史は江戸時代にまで遡りますが、源流となる柔術の詳細を調べれば、相撲と同じくらいに古いことが分かります。

戦国時代には武将の鍛錬のために盛んに行われ、各地に流派が生まれていました。近代化以降には、柔道は国際的なスポーツとして普及しますが、伝統的なルールは守られています。

相撲は近代化とともに存続の危機に見舞われましたが、明治の元勲たちの功績もあって、現在まで残されることなりました。戦後には四本柱を廃止して、吊り屋根を導入するなどの改革も行われています。

着物の女性

Copyright © 日本の国技 大相撲 柔道.