日本古来の武道である

スポーツは勝敗のルールが決められていて、審判がルールに則って勝敗を判断しますが、武道は勝敗というよりは戦いの方に重点が置かれているように思われます。

相撲と柔道はスポーツ性が高くなっていますが、本来は武道といえました。相撲は日本各地で奉納相撲があり、健康と力に恵まれた男性同士が神前で、力をつくして相手と戦うことで、神々に敬意と感謝を示す行為とされてきました。

双方が力をつくして戦うことで神様が喜んでもらえるという意味合いが強いので、大相撲の本場所のように優勝を目指して戦うのとは違いがあります。

柔道は古武道の柔術から発展したものです。柔術は投げ技、固め技、当身技などを織り交ぜ、今でいう、総合格闘技に近い形でした。

多くの柔術家が強さを求め、新しい技を編み出し、多くの流派が誕生しましたが、その中の一つである講道館の創始者である嘉納治五郎が、柔術家だけでなく、一般の人でも体を鍛えるために学べるようにした柔術が柔道となりました。

柔道場

Copyright © 日本の国技 大相撲 柔道.