国民的な人気を獲得してきた相撲と柔道

相撲と柔道は国民的な人気を誇るスポーツで、歴史と格式も同時に備えています。どちらも日本の国家の成り立ちと深い関係があり、精神的な支柱にもなってきました。

相撲の場合には、神事としての役割が大きいために、地域ごとの祭事には欠かせないものです。江戸時代には五穀豊穣を祈るために奉納が行われたり、寺社普請の資金を集めるために、勧進相撲が行われることもありました。

柔道は柔術から編み出された武道ですから、もともとは武士の稽古の嗜みとして行われていました。明治時代以降に発祥して、国際的なスポーツとして発展を遂げるようになると、オリンピックの花型種目になりました。

日本のお家芸と言われるほどに実力があり、同時に国民の誇りにもなるため、人気は不動のものになりました。相撲は日本の国技でもあるため、海外へ文化を発信するためにも役立てられています。

最近では海外で場所が開かれることがあり、諸外国の国民との文化交流も盛んに進められています。

日本

Copyright © 日本の国技 大相撲 柔道.