国技という共通点

相撲と柔道は日本が誇る国民的なスポーツです。サッカーやアメリカンフットボールは言わば欧米流のスポーツであり、日本人は体格的な問題から、正直なところ、活躍する事が難しいです。

一方で柔よく剛を制すの競技性がある相撲と柔道において、日本人は常に首位から上位の成績を、各種の大会で収めています。

また共に礼儀作法を重んじる伝統的な国技であり、単純に腕力が強ければ一流選手として国民に尊敬されるわけではない、といった共通点もあります。柔道の指導者や横綱になるためには、人格的に優れた面が必要です。

厳しい下積み時代と稽古の日々、そして道を極めるというストイックな精神が競技者に求められます。双方とも由緒正しき日本の国技ではありますが、最近ではロシアやアメリカ本土においても競技者が増えています。

厳しい修練を積んだモンゴル人選手が日本人の相撲取りを倒したり、ロシア人選手が体格とワザを活かして日本人選手を下し、国際大会で表彰台に上がるなど、共に日本のお家芸ではありますが、グローバルな競技者が現れているところにも共通点が見いだせます。

柔道

Copyright © 日本の国技 大相撲 柔道.