相撲と柔道で精神力を鍛える

今や世界中に普及している柔道ですが元々は日本が発祥の武士道の精神に基づいています。中には柔道の基礎を鍛錬した事で相撲に転換して大活躍をしている力士も居る程です。相撲も国技とされていますが決められた土俵で戦う相撲とは少し違いがあります。

形から儀式まで歴史の違いが大きく分けられていますが、どちらも礼に始まって礼に終わると言う精神は同じです。柔道は特に精神面での強さを求められる競技で、技を鍛えると言う前に受け身を練習しなければならない事が特徴的です。

相手に礼を尽くすと言う事が基本の考え方ですので、まずは相手に与える痛みを自ら経験する事から始まります。受け身になる事で痛みを知るので相手に与えるダメージがとても理解する事が出来るので、心の鍛錬に非常に役立つ格闘技と言えます。

他にも上下関係や師弟関係なども学べる大変良い競技ですので、小さな頃から習わせる家庭も多く健全な肉体を作る為にはとても優れた競技とされています。

精神

Copyright © 日本の国技 大相撲 柔道.